レッド ドッグ ポーカーのプレイ方法:初心者向けガイド

レッド ドッグ ポーカーを目にして、どのようにプレイするのかと思われたことがありますか?1930年代に人気を博したとてもシンプルなポーカーゲームの1つであり、レッド ドッグ ポーカーと名付けられました。それまでには様々な名前で呼ばれていたものです。人々の興味がシンプルなカードゲームから戦略を駆使して勝利を得ようとするカードゲームへと移り変わったために、今より昔の方が人気のあったゲームと言えるでしょう。それでもレッド ドッグ ポーカーについて詳しく知りたい方のため、ルールを簡単にご説明しましょう。

プレイ方法

ゲームは1~8組の普通の52デッキカードを使って行われ、エースが最高ランクで2が最低ランクとなります。このゲームではスートは使われません。各ラウンドは賭けをすることから始まります。通常賭けの最小は1で最大は200までですが、一部のカジノではそれ以上の賭けも可能です。

賭けが行われた後にディーラーは2枚のカードを表向きに配り、連続する番号(10、J)があるかどうか、同じ値を持つカードであるかどうか(A、A)を確認します。連続した番号がある場合、ハンドはプッシュとなりその人は賭け金を取り戻します。カードの値が同じである場合、カードがもう1枚表向きで配られます。3枚目のカードも同じ値の場合、11対1で支払いが行われます。そうでなければハンドはプッシュとなります。

どれにも該当しない場合は、ディーラーが支払いの見込みを決定するスプレッドを発表します。つまり、2枚のカードが4と9の場合、5、6、7、8の数字がスプレッドになります。3枚目のカードがスプレッドだった場合、その数字に応じて支払いが行われます。

カードを配る前に、ディーラーはレイズかコールかの2つのオプションを提示します。決定を伝えると、ディーラーが最後のカードを公開します。3枚目のカードがスプレッドでない場合、負けとなります。スプレッド内であれば、テーブルでの支払いに応じて勝つことになります。

レッド ドッグ ポーカーには、バリエーションやサイドベットはなく、すべてのカジノで共通です。戦略を駆使してゲームに勝つことはできません。レッド ドッグ ポーカーは、完全なる運まかせのゲームです。唯一選べるのは、高いチャンスがあると感じられたときに賭け金を上げることだけです。レッド ドッグ ポーカーのハウスエッジは2.7%(8デッキの場合)から3.15%(1デッキの場合)となります。1時間あたり、最大100ハンドのペースの速いゲームです。手持ち資金をきちんと管理していると、利益が上がる可能性が高まるということを、心に留めておきましょう。レッド ドッグ ポーカーはカジノにおいて最もシンプルなゲームの1つであり、ゲームの展開が速いとは言えども、難しいものではないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *